積層ピッチを0.14にするとフィラメントの送りが若干遅くなり、

エクストルーダのバレル内にとどまる時間が長くなります。

バレルでは軟化せず、ノズルに到達してから溶けるのが正しい流れなのですが、

 

バレル内の時間が延びた影響で軟化してしまい、バレル内壁との摩擦が増えて送り不良が起きるようになります。