開梱後、初めてプラットフォームを設置するにはアーム位置を少し下げていただく必要があります。

電源を入れる前であればリニアガイドの近くを下へ向かってゆっくり押していただければアームは下がります。作業スペースが確保できる程度まで下げて、プラットフォームを設置してください。

 

プラットフォームは磁石により固定されますが、位置決めピンが引っかかって最後まで入りきらず、磁石が浮いた状態になることがあります。

この状態でプリントを開始するとメッシュプレート上面をノズルが引っ掻く現象が発生し、ノズル詰まりの原因になります。

プラットフォームを少し前後左右に動かすと引っかかりは解消されるはずです。



あまり頻発する場合は、位置決めピンの頭のキャップスクリューを弛めて頂き、磁石が全て接触した状態でプラットフォームを前後左右に動かした後に再びキャップスクリューを締めて頂く事で改善されます。

とはいえ、プラットフォームを脱着した後は、磁石が三つともきちんと接触していることを確認して下さい。

※メッシュプレートV2以降で導体パターンが裏面から表面に変更された物が出ています。

この仕様はノズルで引っ掻くと一撃でオシャカになる可能性がありますので、プラットフォーム設置の際は正しく固定出来ているかを今一度ご確認下さい。
最新のメッシュプレートは改良されています。