新品のフィラメントはフィラメントスプールの側面にある緩み止めの穴でフィラメントに癖が付いている事が多いです。

なるべく癖をとって展ばしてからロードしてください。

特に癖が先端にある場合にはエクストルーダギアの先でホットエンドに向かう穴に上手く入らず、トラブルを起こす可能性が高くなります。

フィラメントアンロードの際に、M200の傍を離れていて、気付いたらアンロード完了している事があります。

フィラメントの先端に、融けたフィラメントかすが付いている状態で放置してしまうと、エクストルーダギアの上下にあるフィラメントが通るはずの穴よりも大きなダマがフィラメント先端に出来上がる事があります。

こうなるとロードもアンロードも出来なくなってしまいますので、アンロード時は傍を離れないで下さい。

 

フィラメントの残りが少ないまま出力を開始し、うっかり忘れてフィラメントを送りきってしまうと、10cmほどのフィラメントの残りがエクストルーダギアの先からノズルの間で残ってしまい、取り出せなくなってしまいます。
これを取り出すにはホットエンドを取外す必要がありますが、面倒だからといってそのまま新しいフィラメントを突っ込むと内部でフィラメント同士が重なって詰まる事があります。