エクストルーダのクリック音の原因で、意外と見落とされるのがギアの位置ズレです。
緩んでしまったギア固定ネジを締める際には写真を参考に位置を合わせてください。

 

ホットエンドV2ではステンレスバレル上部にPTFEチューブが挿入されています。
希に、このPTFEチューブ下端とバレルの隙間に溶けたフィラメントが溜まってフィラメント送り不良が起こる事があります。 

PTFEチューブを取外す事ができれば普通に掃除が出来ますが、取れない場合は掃除どころか確認も困難になります。


ホットエンド単体でアセトン漬けした後、バレル上部からノズル側に向かってエアダスタ等で吹いてみて、蜘蛛の巣状に溶けたフィラメントが出てくる場合はこれに該当すると思われます。
アセトン漬け→エアブローを繰り返すことで残ったフィラメントかすを除去してください。

 

ホットエンドのアセトン漬けはバレル内に残ったフィラメントを全て溶かさなければならないため時間がかかります。
プリンタを動かせない時間が長いと困るのであればホットエンドを2個、交互に運用すると良いでしょう。
それでもなお時間が惜しいという方には時短技を紹介します。