フィラメント切れ検知

M200は取扱いが比較的楽で良くできた3Dプリンタですが、フィラメント切れを検知する機能は無く、またスプール内でフィラメントが絡むとそれ以上送れないため、途中から空運転になっていることがあります。
そこでフィラメント切れや絡みを検知したらサーボモータを駆動してコントロールノブを長押ししてM200を一時停止させ、フィラメント交換や絡みを解消できるようにする基板キットを発売しました。